2009年10月25日日曜日

ハロウィーンおすすめ映画3

ここ数日で大変涼しくなりましたね。
私の部屋の中がビックリするくらい寒くて、フリースともこもこの靴下も出してきました。
冷え性なんです、私。w

英国ロンドンではMCMエキスポという、年に二回行われる映画、アニメ、マンガ、その他もろもろのメディア好きの人たちが集うイベントが土・日に開催されました。
私もロンドンに住んでいたころ何度か足を運びましたが、数年前とは比べ物にならないくらいの大盛況で、ネットでチケットが売り切れてしまうという事態にもなっているらしいです。
前は行ってからでも窓口ですぐ買えたのに・・・
コスプレをしている人たちも沢山いて、私が去年行ったときは新バットマンのジョーカー(故・ヒース・レジャーが演じていたほう)のコスプレイヤーさんが沢山いました。
その中でも凄いレベルの高い人もいて、思わず写真を一緒に撮らせていただきましたが。w
そんなこんなで、私の友人もお店をイベントで出しているので、今回はどんなコスプレをしている人たちがいたのかきくのが楽しみ!

さて、再びハロウィーンのトピックに戻ろうと思います。
身の毛もよだつ、サイコ・スリラー、「May」(2002)。
主人公のメイは生まれたときから斜視で、矯正をするために幼い頃から眼帯をつけさせられていた。
その人と異なる風貌からか、なかなか友達が出来ず、寂しい子供時代をすごし、大人になってからも、
シャイな性格でなかなか友達がつくれずにいた。
子供の頃、友達が出来ないメイを気の毒に思った母親が人形(これが超不気味なんだわw)をプレゼントするのだが、それ以来、その人形が話し相手。
しかし、そんなメイもお年頃。
恋をしたり、色んな冒険をしたいという気持ちが強くなるのだが、深く心が傷つく出来事があり、異常な行動をとり始める。

主人公のメイを演じるアンジェラ・ベティスはあまり目立つ女優さんではないのですが、昔「17歳のカルテ」にも脇役で出ていて、とても印象は強かったです。
Mayを見て、改めてすごい女優さんだな、と思いました。
そしてこの女優さん、とっても細い!むしろ病的に見えるほどの細さで、繊細な役がとても似合っています。
純粋すぎるメイは見ていて、あぁ、じれったい!なんでそんなに不器用なの!?イタイよ、メイ!と、とっても助けてあげたいという気持ちになるのですが、彼女は映画の中。
それにエンディングに向けて、あぁ、こんな人が実際近くにいなくてよかったわ、とホッとするはずです。笑

あ、それから私が好きな俳優のジェレミー・シストもでているんだよね。
彼の声が好きなんです。照
-------------------------------------------------------------------------------------------------

It's been quite cold in Tokyo for past few days and I've been freezing in my room :-(
I saw a lady wearing a wooly scarf around her neck today but I guess it's a bit too early for that, though.

I heard that MCM Expo was held on last weekend in London.
I really miss going to that...
My friends sell their fan-art stuff at this expo and I wonder what they made for this time.
Hope they're having lots of fun and am looking forward to hearing about the expo;-)

Anyways, back to the real topic.
I'd like to introduce you to a film called 'May' (2002).
An actress, Angela Bettis who took role in 'Girl, interrupted'(1999) and 'Carrie'(2002) appears as a psycho chick in 'May'.
This film was utterly creepy and realistic.
The main character, May is a complete loner who is obsessed with beauty (and chatting with a creepy doll which her mum gave her...).
I was so drawn into this film around the time May starts to lose her sanity and May really annoyed me.
However, I guess this is a good point of this film.
It's like you so want to help May and prevent her from doing insane actions but you so won't be her friend if someone like her really existed.
Oh, Jeremy Sisto is also in this film. I really like him(especially, his voice).lol

2009年10月20日火曜日

芸術の秋!

皆さんこんにちは。
ハロウィン特集ということで2つ続けての投稿でしたが、10月はハロウィンだけが楽しみってわけじゃないじゃん、と思い、急遽プラン変更!w

秋といえば、何を思い浮かべますでしょうか?
私はもっぱら「食」ですが、「スポーツ」(うげぇ。運動嫌い。)とか、「芸術」とか、なのでしょうか?
紅葉も綺麗になってくると「ロマンス」なんかもいいのかもしれませんね。
と、言うことで、お勧めしたい映画があれやこれやと思いついたのですが、今日はこれ。
芸術の秋、ってことで。

アート・スクール・コンフィデンシャル」(2006)

映画タイトルのとおり、芸大に通う男子学生が主役のお話。
主人公、ジェロームはピカソのような世界的なアーティストになりたくて、悪戦苦闘するのだが、
プライドがどっちかというと高い目な彼はw、周りとの価値観の差に悩んだり、
嫉妬したり、理想と現実の差に悩む、歳相応、だけどちょっと風変わりな男の子。
アーティストの娘であり、美しいミューズと出会い、どうしても手に入れたいと思うジェロームだが、それもまた一筋縄ではいかず。。。
一言で言うと、中2病の芸大生の話だな。

中2病とか言ってしまうと、ちょっと語弊があるかもですが、う~ん、悩めるお年頃なのでしょう。
私も学生時代、創作活動をしていて、先生についていたこともあるのですが、
今思い返してみると、昔の自分は無知であるのは当たり前として、「頑固」で「生意気」であったな、と。w
本当にかわいげがなくて、歯に衣着せぬことを言っては口論になったりと、
周りもさぞかし扱いにくいと思っていたことでしょう。w
そういうちょっと恥ずかしいような、でも後悔はしていない過去を思い出した映画でした。

この映画を見て気分が落ち込んだと言っていた友人もいましたが、私は結構いい気分になったんですけど。笑
ちょっとアーティーな気分を味わいたい夜はこういう映画を見るのも悪くはないかもですね。


--------------------------------------------------------------------------------------------------


I was going to keep on posting regarding films for halloween till the end of this month but I decided not to do it today. How whimsical of me.

We say autumn is a perfect season for arts, foods, and sports in Japan.
Autumn is also a romantic season for couples but I'm single so I'll pass on that topic.lol
Oh well, I am not very much of a sports person so other two are the main concerns for me.
Speaking of foods, oh yes, I have been enjoying this year's harvest very much.
One of my colleagues has been feeding me with lots of yummy seasonal dishes:-)
Since I could not eat much this summer because of the stupid heat exaustion, I am nearly fully charged by all those great food by now!

In terms of arts, I came up with quite a few films I would like to watch in this season but here is the one.
'Art School Confidential'(2006)
This is a story about a young boy who had big ambition and expectations for himself to become a great artist like Picasso. He enters an art school but he suffers from the gap between his dream and the reality.
He is naive, snobbish, and is probably one of those people who I don't particularly want to be friends with to be honest.
But if you have ever felt like lost in the crowd or being a black sheep, you might find something in common with this boy.

This film reminded me of my youth and the time I used to go to art school.
Some scenes overlapped with my memory and was quite embarrassing but sweet at the same time.

2009年10月17日土曜日

ハロウィーンおすすめ映画2

ハロウィーンのおすすめ映画第二弾ということですが、今回は前回のように家族で楽しめる作品ではなく、
目を覆いたくなるようなスプラッター映画をご紹介。

皆さんはロブ・ゾンビという人をご存知だろうか?
元々はデス・メタル・バンド、White Zombieのフロントマンとして活躍していたのだが、ソロになり、最近では映画も手がけるようになりました。
記憶に新しいのがリメイク版「ハロウィン」(2007)。
もともとは70年代にジョン・カーペンターが監督をした作品の新バージョンを手がけたのがロブ・ゾンビ。
オリジナル作品と2007年バージョンを見比べてみるのも楽しいかもしれません。
個人的には2007年バージョンのほうが面白かったな、と思いましたが。

そう、とにかく、ゾンビ氏は他にも映画を作っておりまして、その中でも「デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2」が私の一番好きな作品です。
2ということですので、もちろんマーダー・ライド・ショーの1もございます。笑
殺人鬼一家が主役のシリーズなんですが、もうインモラルそのもの!!
思いつく限りの極悪非道なことが親の敵といわんばかりに詰め込まれています。
どうしたの?ロブ?って感じですが、ある意味、すばらしいです。笑

やはり元々はミュージシャンだけあり、挿入歌のセンスは光っていました。
テリー・リードのSeed of Memoryをスプラッター映画のエンディングに使うなんて・・・素敵すぎました。
兎にも角にも、まずは1から見てみましょう。それでないと話の流れがわからないと思いますので。
血とか内臓が苦手な方はパスしましょーねー!!
せっかくの食欲の秋にご飯食べられなくなっちゃいますよ!

--------------------------------------------------------------------------------------

The movies I'm recommending today for Halloween is a bit more hardcore than the last one.

I believe many of you have heard or seen a film called 'Halloween'.
It was originally made in the late 70s and it still has the growing numbers of enthusiastic fans.
I wonder if you have seen the remake of Halloween directed by Rob Zombie in 2007.
The boy who acted young Michael Myers was so evil.
Anyways, it is not the Halloween I wanted to write about today.

There are many splatter films I love to watch occasionally but I would say 'The Devil's Rejects' is one of the most evil and stylish splatter films I've ever seen.
Yes, this film was directed by Rob Zombie as well and this is the second film continued from 'The House of 1000 Corpses'.

This series of films are about a family who all has no morals and no mercy.
They just kill whoever people they meet in the most twisted ways and they can still make jokes and be a happy family. How sick is that?!

Devil's Rejects is such a vicious and bloody film to watch but strangely it did not leave me heavy feelings after watching it.
However, I wouldn't recommend this to people who cannot deal with blood and guts because those red things are flying around all the way through the film...

2009年10月16日金曜日

ハロウィーンおすすめ映画1

初・ブログ開設です。皆様これからどうぞ宜しくお願いいたします。

早速ですが、今日はもうすぐハロウィーンということで今月末までハロウィーン気分の映画をご紹介してゆきたいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ。

ハロウィーンというのは、もともとはケルト人たちのお盆シーズン、という感じでしょうか。
日本のお盆のように、死者の霊が家族を訪れ、やっぱりケルトっぽく妖精さんたちも出てくると言われているらしいです。
あとはゾンビ、魔女、蝙蝠、怪物、ドラキュラ、クロネコ、などもハロウィーンのキーキャラクターたちと言えるでしょう。

と、いうことで、今日ご紹介するのは「MirrorMask」(2005)。
怖いえいがではないですが、架空の生き物が沢山出てくる、ということで。

MirrorMaskはニール・ゲイマン(Neil Gaiman)著(児童文学)で、デイヴ・マッキーン(Dave McKean)が監督した、とっても幻想的な映画。

主人公は多感なお年頃のティーンエイジャー、ヘレナ。
ヘレナの両親は英国でサーカス団を営み、ヘレナ自身も幼い頃からジャグラーとしてサーカスの一員として働いてきました。
しかし、普通の女の子として生活をしたい、という思いが爆発して、母親と口論になってしまうが、母親が倒れて入院してしまいます。
母の不安定な健康状態を懸念し、助かって欲しいと祈るヘレナだが、ある晩、不思議な国に迷い込んでしまう。

この映画は大人が見ても子供が見ても、デザインや音楽の面で感動すること間違いなし!
多分、ティム・バートンの作品が好きな人はこの作品も好きだと思うのですが、この映画はティム・バートンの作品を少しアーバンにした感じ、ですかね。

是非是非ご家族でごらんあそばせ!


-------------------------------------------------------------------------------------

Hello.
My name is Kazux.
My blog is going to be mainly about films as this blog's name can tell.
This blog might look dull at the moment but I will try to make it more enjoyable once I get use to this so please don't be fed up!!

Anyways, I have been excited recently since Halloween is coming soon.
I tend to watch horror films in this season as well as most Halloween worshippers.
However, I decided to make a bit of change because Halloween is not only about scary things like Friday the 13th and Child's play and Michael Myers.
It can be about other things such as fairies and other imaginary creatures and unscary, unbloody things, can't it?

So, today, Im introducing one of my favorite films, 'MirrorMask'(2005).
This is written and directed by one of my favorite authers Neil Geiman and Dave McKean.

I loooove this film!! I love the music,the way it was designed and also the illustrations they used.
If you like Tim Burton's films, you might also like MirrorMask as well.
This is not as dark and goth as Burton's films but more urban in a way.
It is a very inspiring and exciting film. It made me wish I could watch this when I was a little kid (^_^)

So for you,Moms and Dads looking for a film which your kids can watch and also you can enjoy on Halloween, and big boys and big girls who are not so into scary movies, this is definately it!