2009年10月20日火曜日

芸術の秋!

皆さんこんにちは。
ハロウィン特集ということで2つ続けての投稿でしたが、10月はハロウィンだけが楽しみってわけじゃないじゃん、と思い、急遽プラン変更!w

秋といえば、何を思い浮かべますでしょうか?
私はもっぱら「食」ですが、「スポーツ」(うげぇ。運動嫌い。)とか、「芸術」とか、なのでしょうか?
紅葉も綺麗になってくると「ロマンス」なんかもいいのかもしれませんね。
と、言うことで、お勧めしたい映画があれやこれやと思いついたのですが、今日はこれ。
芸術の秋、ってことで。

アート・スクール・コンフィデンシャル」(2006)

映画タイトルのとおり、芸大に通う男子学生が主役のお話。
主人公、ジェロームはピカソのような世界的なアーティストになりたくて、悪戦苦闘するのだが、
プライドがどっちかというと高い目な彼はw、周りとの価値観の差に悩んだり、
嫉妬したり、理想と現実の差に悩む、歳相応、だけどちょっと風変わりな男の子。
アーティストの娘であり、美しいミューズと出会い、どうしても手に入れたいと思うジェロームだが、それもまた一筋縄ではいかず。。。
一言で言うと、中2病の芸大生の話だな。

中2病とか言ってしまうと、ちょっと語弊があるかもですが、う~ん、悩めるお年頃なのでしょう。
私も学生時代、創作活動をしていて、先生についていたこともあるのですが、
今思い返してみると、昔の自分は無知であるのは当たり前として、「頑固」で「生意気」であったな、と。w
本当にかわいげがなくて、歯に衣着せぬことを言っては口論になったりと、
周りもさぞかし扱いにくいと思っていたことでしょう。w
そういうちょっと恥ずかしいような、でも後悔はしていない過去を思い出した映画でした。

この映画を見て気分が落ち込んだと言っていた友人もいましたが、私は結構いい気分になったんですけど。笑
ちょっとアーティーな気分を味わいたい夜はこういう映画を見るのも悪くはないかもですね。


--------------------------------------------------------------------------------------------------


I was going to keep on posting regarding films for halloween till the end of this month but I decided not to do it today. How whimsical of me.

We say autumn is a perfect season for arts, foods, and sports in Japan.
Autumn is also a romantic season for couples but I'm single so I'll pass on that topic.lol
Oh well, I am not very much of a sports person so other two are the main concerns for me.
Speaking of foods, oh yes, I have been enjoying this year's harvest very much.
One of my colleagues has been feeding me with lots of yummy seasonal dishes:-)
Since I could not eat much this summer because of the stupid heat exaustion, I am nearly fully charged by all those great food by now!

In terms of arts, I came up with quite a few films I would like to watch in this season but here is the one.
'Art School Confidential'(2006)
This is a story about a young boy who had big ambition and expectations for himself to become a great artist like Picasso. He enters an art school but he suffers from the gap between his dream and the reality.
He is naive, snobbish, and is probably one of those people who I don't particularly want to be friends with to be honest.
But if you have ever felt like lost in the crowd or being a black sheep, you might find something in common with this boy.

This film reminded me of my youth and the time I used to go to art school.
Some scenes overlapped with my memory and was quite embarrassing but sweet at the same time.

2 件のコメント:

  1. はろー
    遊びに来ましたよ。

    たしかに、若い頃って、恐いもの知らずなので、言いたいこと言ってましたね。

    あの自由さはどこへ行ってしまったのでしょう。

    このブログを参考にして、自分では見ないジャンルを探してみますね。

    では!

    返信削除
  2. >milouさん。

    コメント、ありがとうございます!

    そうですね・・・私は今思い返してみると、実年齢以上に子供すぎたのではないか、とか思いますけど、そんだけエネルギーが有り余っていたのでしょう。笑
    今でも割りと生意気なこと言ってしまったりしていますが。。www

    では、頑張って面白い映画をこれからも紹介してゆきますね!

    返信削除