2009年11月18日水曜日

悪循環。

最近忙殺されております。。せっかく始めたブログなのにアップデートがあまり出来てませんねー。
ダメですね、私。w
しかも昨晩は 3時間しか睡眠がとれず・・・っていうのもうちの外で猫たちが戦っておりまして、うるさくって眠れなかったのです。
猫に「うるせー!」って怒鳴っても通じるわけでもなく、やせ我慢しました。w

しかし、最近太る一方の私。最近ありえないくらいの食欲で、毎食2人前くらい食べています。
やはり食欲の秋・・・恐るべし。
寒くなってくると冬眠なんてしないくせに食べ溜めようとしてしまう悲しい私の身体・・・
このままでは本格的な冬になってからダイエットをしなくてはいけなくなってしまうかもしれないというフラストレーションが溜まり、再び食に走ってしまう私。www
こういうのを悪循環、Vicious Circleっていうんですよね。
ダイエットなんて今まで生きてきて本気でやったことはないのですが、こんなに食べてては不健康なので、ここは強い信念をもって頑張りたい所存でございます・・・
もちろん、健康的なダイエット法で。

さて、私が太っただ、痩せるだの話はこれを読んでくれている方々にとっては100%どうでもいい話に決まっているので、映画の話でもしよーじゃないか。
しかも今日はしばらくアップデートしていなかったお詫びに二つご紹介。
でも今日は楽しい映画の紹介じゃないよ。

しばらく前に見た映画、「Gardener of Eden」(2007)。
主人公のアダムは、大学を中退し、地元のニュージャージーの小さな町に帰ってきて、親の元に住みながら近所のデリでバイトの生活。
幼馴染たちの前ではインテリぶって、見栄を張りたい。
でも自分が何をしたいかはよくわからないけど自分は他のやつらとは違うんだ、と思っている。
そんな現実と理想の狭間で、偶然目撃したレイプ事件。そして犯人を捕まえたのだった。
ヒーローに憧れていたアダムは悪者たちを懲らしめる意思を固めるが、だんだんと周りが見えなくなり、暴走しだすアダムに愛想を尽かして離れていく友人たち。
さて、アダムの捩れたヒーローごっこはどう展開していくのでしょう。

映画自体はコメディー・ドラマとして紹介されているのですが、これをコメディーと思えるか、
暗い気分になるかはちょっと怪しいところ。w
あまりにも現実味のある話というか、現代社会の病巣みたいなのをこれでもか、と見せ付けられているようで不快になるかもしれません。
メッセージ性の強い映画って、賛否が激しく分かれますよね。
この映画もそんな感じ。

さて、2つ目のご紹介。
Gardens of the Night」(2008)。
まず、びっくりしたのがあのトム・アーノルドがこの映画に出ていた件。
こんなに病んでいる役が上手な人だと思っていなかったから・・・しかもこの役は彼がパーフェクトすぎました。パチパチ。
まぁアーノルド氏の話はさておき。

幼い頃レズリーとドニーは誘拐され、売春を余儀なくされた。
もちろん学校には行かせてもらえなかった。
二人はずっと一緒で、誘拐犯から逃れてからも二人で売春を続けて、暮らしていた。
でもある日、金のために幼い子供の売春を斡旋してしまうレズリー。


ニュースで怖い話ばかり聞く今日この頃(というかもうだいぶ長いこと病んでいるよね)ですが、
この2つの映画には考えさせられました。
社会から必要とされない主人公本人のせい?家庭のせい?教育?社会のシステムのせい?
悲しい出来事はずっと繰り返されていかなくてはいけないのでしょうか?
まさにVicious circleだな、と思いました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

It's been a little while since my last update.
I've been quite busy recently with my work and I'll be busier from this week...Not so looking forward to it but hey, more income ;-) (hopefully!!)
One of the reasons I need more income is coz I've been eating way too much lately. (mind you, I'm not pregnant so don't even try to ask lol)
I know it sounds like a lame reason but seriously!!!!
It's like my body is preparing for hibernation... which I won't need!! It feels like as if I became a big fat rat or something. As soon as I find some food, I get hungry. I can't believe how my stomach can contain!!
My colleagues were like 'Omg, are you knocked up?' lol That can't be happening for sure...
Yea~I know, soon or later I need to go on a diet :-(
It is kinda frustrating that I have to make myself understand I shouldn't be eating as much as I want, though.
I think it adds up more stress on the top of what I've got now and I'm pretty sure it's gonna lead me to more eating... wooo, am I about to put myself into a vicious circle?

Anyways, enough blubbing about food and me being all set for the hibernation.
Films, Films, which film am I going to write about...
OK, I got two films today.

The first one is called 'Gardener of Eden' (2007).
IMDb categorises this film as 'comedy/drama'... which is quite unexpected coz I found this film really dark and quite extreme.

Adam is a very unenthusiastic guy who just got expelled from the university.
He came back to a small town in New Jersey, moved back to his parents' and started working for a shabby local deli.
Soon, he lost his job, got kicked out from his parents' house.
But one night,  he accidentally captured a rapist.
After that coincidental event, he decides to become a hero and punish criminals.
Since Adam is not a true super-hero material, he starts losing control of himself.
Is he a hero in a way or is he just a psychopath?


The 2nd film I'm introducing is 'Gardens of the Night'(2008).
This film is about two children who got kidnapped when they were little and forced into prostitution by kidnappers.
Leslie and Donnie grew up together, not being able to experience normal childhood and it led them to continue on living in the dark side of society.
They had very little of everything but they tried to survive with what they have got left and it was even touching(although it is morally wrong).
It is sad that they could only learn their survival knowledge by taking advantage of weaker, innocent people but it shows the focus of society's illness.

Everyday, lots of people come across cruel events and those who have lost their loved ones must wonder who to blame it on.
Is it the fault of the criminals, family, the bullies, the lack of education,or the system of the society?
Frankly, I do not believe that the world is going to be a place where everyone can live happilly ever after.
But I guess the point is for us to keep on fighting for it in order to break this vicious circle.

2009年11月2日月曜日

Ambition is the ice on the lake of emotion

こんばんは。ハロウィーン特集とか言って、肝心のハロウィーンにはブログをアップしていなかったツメが甘い私をお許しください。

皆さんはハロウィーンは楽しく過ごされたでしょうか?
私はハロウィーンは仕事でしたけど、何か?w

ところで今日は副業の通訳をしてきました。ていうか、副業でやるってことになりました。(ついでに宣言。w)
英語を話すのは実はとっても久しぶりで心配をしていたのですが、無駄話の方が多くなってしまい、
なんだか仕事をした気がしないんですが、とりあえずとっても楽しかったです。
カナダのオンタリオ州の方の通訳をしたのですが、かなり時差ぼけがきつかったらしく、話してた途中でうと~っとかしたりして、ちょっとビビったよ。w
でもとっても楽しい人で、仕事が終わってから何故かペンを沢山くれました。w
まぁペンマニアの私にしたら超うれしかったんですけどね。

それにしても急に冷え込みましたね。
私は結構冬って好きなんです。
でも、しん、と冷たく澄んだ空気ってちょっと寂しい気持ちにもさせられるんですよね。
こんな寒い夜にはブランケットにくるまれながら、あったかいココアをちびちび飲みつつ素敵な映画を見たいって?
そーですねー、じゃあ私の一番好きな映画でもご紹介いたしましょうか(^-^)

ウェイキング・ザ・デッド」(2000)
主人公、フィールディングは大統領になることを夢見る苦学生。
彼は70年代、ニューヨークでセラという美しく、聡明で、慈愛に満ちた女性と出会い恋愛をするが、
セラは若くしてこの世を去ってしまう。
しかし、セラを亡くして10年以上経ち、昔とは全く異なった毎日を送るフィールディングは、ある雪の夜、この世にいないはずのセラの声をききます。

フィールディングは頭がおかしくなったのか?それともセラはまだ生きているのか?

なんか、タイトルが怖い!と思うかも知れませんが、全然ホラーとは程遠い映画ですので。w
ウェイキングというのは目覚めなどの意味もありますが、ここではおそらくキリスト教の葬儀の前に行われる通夜的な意味であるとされます。

セラを亡くしてから、出世街道まっしぐらな80年代のフィールディングと70年代のセラとの思い出を交錯しながら描かれるストーリーと、映像美、挿入歌のセンスの良さ、そして恋愛映画ってだけじゃ終わらない、むしろ世界平和や人間の醜さと美しささえも考えさせられるこの映画の右に出るものはいないと、私の中ではもう既に21世紀を代表する名作となっております。(まだこれから90年以上あるけどね!)

この二人の恋愛は美しいけどとっても悲しい。
二人とも求める未来は同じで、恋人でもあり、ソウルメイトでもあるんだけど、通る道が違いすぎたんだよね。
つまりは納豆がパックに入っているときにダシも入れて混ぜてご飯に混ぜずに食べるか、それとも混ぜた納豆をご飯にのせてからダシをかけるか、みたいなことだよね。(って余計わかりにくい?w)

まぁ冗談はさておき、セラのせりふでずっと心に残っているものがあって、それはいつでも自分への警告として心に留めておきたいな、とおもっているのがあります。

「大志っていうのは感情の湖の上に出来た氷のようなものだから。」(コレは私の訳ですので、あしからず)

とっても抽象的なせりふですので、解釈の仕方は十人十色だと思います。

この映画には他にも心に残るせりふがいくつか出てきます。
「Keep fighting.…I love you.」っていうせりふ。いーーーーっぱいいっぱい、色んな映画で使われてるし、普通の言葉のように聞こえるけど、この映画の最後のほうでフィールディングが言うこのせりふは、私の中で重みが違ったんです。

私は十代の頃にこの映画をはじめてみたんですが、いまだにちょくちょく見ています。
見るたびにせりふの重みや解釈が変わっていて、あぁ、この映画は私と一緒に成長してくれるいい映画だな、と。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

First of all, damn me. I had been posting halloween films and I completely forgot about updating the blog on the halloween day.
So, Happy (belated) Halloween!!! lol


I did my first English-Japanese interpreter job today.
It was for the very charming Canadian lady who gave me lots of goodies in the end of the day :-)
We mostly just hanged and giggled about some silly stuff so it was fun.
I hope I get more jobs like this.
Oh, mind you, I am not a rubbish interpreter who just make silly jokes all the time!

It has been very cold in Tokyo since yesterday.
I heard that Beijing, China has crazy snow storm or something which was caused by the chemical thingy they shot into the sky to make it rain...
Anyhow, it would be nice to watch a nice, romantic film with some chill-out-paraphernalia(errr, a big mug of hot chocolate, cusions, blanket, chocolate, a box of tissue, a pair of confy trouser, nice-scented candles, and whatever you can't be bothered to get up and look for when you need it)
In the night like this, I tend to watch my favorite film, 'Waking the dead'(2000).
It has been my favorite film since I was 17.

It is, for me, the best romantic film ever. The time goes back and forth(1970s-80s) in the film so it's slightly confusing but is very well-made.
There are some lovey-dovey scenes which were kinda sappy but that's what people in love do so bare that part and listen to what they say in this film.lol

There is a line which I cannot forget and that I always want to remember time to time in order to warn myself.
It is a line Sarah(Jennifer Connelly) says to Fielding(Billy Crudup).

"Ambition is the ice on the lake of emotion."

Well, it is kind of an abstract sentence so this can be interpreted in various ways, I suppose.

I find their love very beautiful but very sad.
What they hope was the same but their paths to make the hope come true were completely opposite.
I guess this can happen to many many couples in different forms.
Like, when you make omelette, whether to put the mushrooms(or diced tomatoes or whatever) into the egg first and fry, or to pour egg into the pan and put toppings in... oh, maybe its slightly different... lol

To be honest, normal romantic films never make me cry but this film.
I love this film so much because this film grew up with me.
I guess it is because it's not only about this couple's love story.
It made me think about love, people, and the world in different perspectives.

I hope you all enjoy this film.